ファイルを暗号化してパスワード保護できるシンプルなアプリCloakerの使い方

公開日:2019/12/22 更新日:2019/12/22
ファイルを暗号化してパスワード保護できるシンプルなアプリCloakerの使い方のサムネイル

Cloakerはドラッグ&ドロップでファイルを暗号化できるシンプルな暗号化アプリです。Cloakerはインストールは不要でWindows、macOS、Linuxで使用できます。この記事ではCloakerの使い方をまとめます。

はじめに

Cloakerはドラッグ&ドロップでファイルを暗号化できるシンプルな暗号化アプリです。Cloakerはインストールは不要でWindows、macOS、Linuxで使用できます。この記事ではCloakerの使い方をまとめます。 なお、以下がCloakerの公式リポジトリです。

github.com

Simple password-based file encryption

Cloakerをダウンロードして起動する

Cloakerはインストールが不要でWindowsならばexeファイル、macOSならばappファイルをダウンロードしてそのまま使用できます。Linuxならば.runファイルを実行するだけです。 Cloakerは公式リポジトリのリリースページから各自のOS用の実行ファイルをダウンロードします。 ここではUbnutuで使用したいため、cloakerLinux.zipをダウンロードして展開しました。 中にはCloaker.runというファイルが入っているだけです。 これを以下のように端末で実行します。

~/cloakerLinux
$ ./Cloaker.run

実行すると以下のようにシンプルなウィンドウが開きます。

Cloaker_window.png

Cloakerでファイルを暗号化してパスワード保護する

暗号化してパスワード保護するには、まずCloakerのウィンドウに暗号化したいファイルをドラッグ&ドロップします。ドロップすると以下のようにパスワードの入力ダイアログが開くので好きなパスワードを入力します。なお、パスワードは最低10文字以上です。

set-password.png

確認のためにもう一度同じパスワードを入力します。

confirm-password.png

パスワードが合致すると続いて以下のように暗号化したファイルの保存先を選択します。

save_encrypted_file.png

保存に成功すると以下のように成功した旨のメッセージが表示されます。

success_save.png

なお、Cloakerはディレクトリや複数のファイルをまとめて暗号化することはできません。もしディレクトリや複数ファイルをまとめて暗号化したい場合は、一度それらをzipファイル等で圧縮して1つのファイルにした後で暗号化して保護することができます。

Cloakerでファイルを復号化する

暗号化されたフィルを復号化したい場合は、同じようにドラッグ&ドロップします。以下のようにパスワードを問われるので入力します。

decrypt.png

後は暗号化した場合と同様に、復号化したファイルの保存先を指定して完了です。

まとめ

Cloakerは暗号化してパスワード保護することのみできるとてもシンプルなアプリです。Windows、macOSでもインストール不要で使えるので、ちょっと保護しておきたいファイルがある場合には簡単に使えて便利だと思います。

関連記事