NextcloudのクライアントアプリをWindows10、Linuxにインストールする

公開日:2020/01/08 更新日:2020/01/08
NextcloudのクライアントアプリをWindows10、Linuxにインストールするのサムネイル

NextcloudのクライアントアプリをWindows10、Linuxにそれぞれインストールしたのでその手順をメモしておきます。

はじめに

NextcloudのクライアントアプリをWindows10、Linuxにそれぞれインストールしたのでその手順をメモしておきます。

Nextcloudについて

Nextcloudはファイル共有からチャット、グループウェア機能までカバーしているオープンソースのソフトウェアです。自前のVPSやサーバにNextcloudをインストールして使えば、容量制限やユーザー数制限なしに自由に使えるプライベートなクラウドストレージ、グループウェアとして使用できます。この記事では、NextcloudのクライアントアプリをWindows10、Linuxにインストールする手順をまとめます。 Nextcloudをサーバーにインストールする手順については以下にまとめたので必要な方は見てみてください。

www.virment.com

Nextcloudは自前でGoogleドライブのようなサービスを構築できるオープンソースソフトウェアです。この記事では、Nginxをリバースプロキシとして使いNextcloudを動作させる環境の構築手順をまとめます。

前提と環境

この記事で説明する内容は、以下の環境になります。

  • OS : Windows10、Ubuntu18.04
  • Nextcloudサーバーは構築済とします。

Windows10にNextcloudのクライアントアプリをインストールする

Nextcloudの公式ダウンロードページからWindows用のクライアントアプリのインストーラをダウンロードします。 公式ダウンロードページにアクセスし、「Download for desktop」をクリックします。

download-for-desktop.png

Windows、macOS、Linux用が用意されているので、ここでは「Windows」をクリックします。

download-windows-client.png

これでWindows用のインストーラがダウンロードされます。 後はダウンロードしたインストーラをダブルクリックして起動します。すると以下のようなウィンドウが開きます。「次へ」をクリックします。

1-nextcloud-client-wizard.png

以下のようにインストールタイプを選択できます。ここではそのまま「Standard」にして「次へ」をクリックします。

2-nextcloud-wizard-setup.png

続いてインストール先の指定です。特に問題なければデフォルトのままにして「インストール」をクリックします。

3-nextcloud-path-setup.png

インストールが開始されるので少々待機します。

4-nextcloud-installing.png

インストールが完了すると以下のように表示されます。「次へ」をクリックします。

5-nextcloud-install-complete.png

「完了」をクリックします。

6-nextcloud-installe-complete-all.png

以下のようにNextcloudのウィンドウが開けばインストールが完了です。

7-nextcloud-config-start.png

設定方法は後述します。

LinuxにNextcloudのクライアントアプリをインストールする

Linux版については、AppImage形式で配布されているため、インストールは不要でダウンロードするだけでOKです。Windowsのような上記の作業は不要になります。ただし、AppImage形式では実行権限を付与して起動します。 具体的には、ダウンロードしたAppImage形式ファイル上で右クリックメニューを開き、「プロパティ」をクリックします。

property-nextcloud-client.png

後は以下のように「アクセス権」タブの「プログラムとして実行可能」にチェックを入れるだけです。

nextcloud-add-execute-right.png

これでAppImage形式のファイルをダブルクリックすればNextcloudのクライアントアプリが起動します。 

Nextcloudの設定を行う

ここからの設定手順はWindows版もLinux版も全く同じになります。 Nextcloudのクライアントアプリを起動すると、以下のウィンドウが開くので「Login」(ログイン)をクリックします。以下は英語ですが、Windows版は日本語化されていると思います。

Nextcloud-Connection-Wizard_login.png

続いてNextcloudをインストールしたサーバのURLもしくはIPアドレスを「Server Address」(サーバーアドレス)に入力します。冒頭に載せたNextcloudのサーバーの構築手順記事でここのサーバーアドレスに対応するのはhttps://example.com/nextcloudになります。

Nextcloud_setup_server.png

「Next」をクリックすると、ブラウザが開いて以下のページが表示されます。アクセスを許可するために、すでに作成済のNextcloudのアカウントでログインします。

login-page-for-access.png

ログインします。

login-with-your-account.png

ログインすると以下のように表示されるので「アクセスを許可する」をクリックします。

allow-access.png

すると以下のように表示されてブラウザ側での作業は完了です。

complete-access-permission.png

Nextcloudのクライアントアプリ側では、以下のように表示されていると思います。

Nextcloud_setup_sync.png

「Connect・・・」をクリックすると、同期が開始されます。そして同期が完了すると以下のように表示されます。

Nextcloud_connected.png

実際にローカルのフォルダを確認してみると、以下のようにサーバーのNextcloudと同期していることを確認できます。

nextcloud-synced-folder.png

まとめ

Nextcloudのクライアントアプリのインストール手順をまとめました。iOS版やAndroid版も設定方法は同じなので試してみください。